木下グループpresents No.9 -不滅の旋律-

Introduction イントロダクション

たとえ耳が聞こえなくなっても、私の頭の中には音楽が鳴り響いている。。。作曲家として、人間として、劇的な人生を送ったベートーヴェン。最後の交響曲『第九番』まで、彼はどんな時間を生きたのか。

鳴らせ 私の頭の中の完璧な音楽

鳴らせ 私の頭の中の完璧な音楽

「運命」(交響曲第五番)、「田園」(交響曲第六番)、「エリーゼのために」、「悲愴」etc.……聴力を失いながらも数々の名曲を残し、後世の音楽家達にも多大な影響を与えた“楽聖”ベートーヴェン。その波乱に満ちた苦悩の人生を新しい視点と意欲的な演出&音楽表現で描き、全公演スタンディングオベーションの絶賛を浴びた舞台『No.9-不滅の旋律-』が、初演から3年を経て、ついに再演を果たす。ベートーヴェンが書き上げた9番目にして最後の交響曲、「交響曲第九番ニ短調作品125」。日本では“第九”と呼ばれ、特に第4楽章の主題は『歓喜の歌』として親しまれている。その“歓喜”に至るまでのベートーヴェンの葛藤と情熱を描いた物語は、劇場に感動の渦を巻き起こし、クラシック音楽ファンをも魅了。まさに音楽と演劇が融合した感動の舞台、その伝説の第2章が、今秋新たに幕を開ける!

演出の白井晃、脚本の中島かずき(劇団☆新感線座付き作家)、音楽監督の三宅純という最強クリエイティブチームが舞台を構築。ベートーヴェンを演じるのは初演に引き続き稲垣吾郎。幼少期の父親からの暴力、母の死、貧困と孤独、報われぬ想い、そして音楽家にとって致命的ともいえる聴覚障害……多くの困難に見舞われ、偏屈な激情家と化した天才が持つ人間味溢れる様々な面を、全身全霊で熱演し観客を魅了する。ベートーヴェンを支える人物マリア役で新たに出演する剛力彩芽に期待も期待が高まる。3年を経て新たな地平に立った今、実力派キャストを揃え、果たしてどれ程の深化&進化を見せるのか?
天才作曲家の波乱の人生と、彼が生み出した珠玉の調べが響き合う交歓のシンフォニー、新しい『No.9』にどうぞご期待下さい!